2013年11月21日

抗酸化作用のあるポリフェノール

ポリフェノールは赤ワイン、コーヒー、緑茶、ココアなどに含まれています。

ポリフェノール自体は、数千種類以上もありますが、最近話題になっているのがコーヒーポリフェノールと呼ばれる、コーヒー生豆に含まれるクロロゲン酸類です。

コーヒーには赤ワインと同等、緑茶の2倍のポリフェノールが含まれていて、体内で活性酸素と戦う力が強いんです。

ポリフェノールの抗酸化作用の中でも、最も顕著だと見られるのは動脈硬化の抑制です。

ポリフェノールは、動脈硬化の原因となる悪玉コレステロールの酸化や、動脈硬化巣の集積を抑制して、血栓を作りにくくする働きがあるとみられているんです。

日本人が摂取するポリフェノールは、コーヒーが47%で1位になっています。



抗酸化作用といえば、美肌効果も思いつきます。

事実、成人女性を対象にした調査では、たくさんコーヒーポリフェノールを摂取している人は、紫外線によるシミが少ない傾向があるようです。

紫外線は光そのものの直接作用と、光を浴びた際に発生する活性酸素による間接作用で、肌の細胞に障害を与えます。

特にUVAは活性酸素による間接作用が顕著です。

体の分子がUVAを吸収すると活性酸素が出ます。

この活性酸素を押さえておかないと、連鎖的に周りの物質が酸化して劣化が進んで、シミ、しわ、くすみなどの肌トラブルが表出するんです。

抗酸化物質のポリフェノールを摂取すると、抗酸化作用で活性酸素を抑制するとともに、抗炎症作用を併せ持つことから、活性酸素による障害を抑制する可能性を秘めているといいます。



コーヒー・・・コーヒー100ミリリットルのなかには約200美ふぃグラムのポリフェノールが含まれます。1日3~4杯飲むと、LDLが酸化される時間が延びるというデータもあります。

緑茶・・・緑茶に含まれるポリフェノールは、平均的な湯のみ1杯に約100ミリグラム含まれています。煎茶、番茶に多く含まれている傾向があるようです。

赤ワイン・・・赤ワイン100ミリリットルに含まれるポリフェノールは約230ミリグラムです。カロリーが約88キロカロリーと比較的低いのも嬉しいです。

ココア・・・ココアの原料となるカカオ豆100グラムに含まれるポリフェノールは約400ミリグラムです。スプーン山盛り1杯で16ミリグラムほどになります。



Posted by dietdiet36 at 14:16│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。